独立をするなら低コストでできるフランチャイズがベスト

売却の方法と流れ

ビル

売却決定から譲渡終了まで

会社売却には、株式譲渡と事業譲渡という方法があります。株式譲渡とは、売却を希望する会社が、買い手に自社株を売却して、支配権を譲り渡す方法のことです。特徴としては、事業譲渡に比べて手続きが相対的に簡便です。また売却を希望する会社のオーナーが、自分自身で譲渡されたお金をキャッシュで受け取る権利もあります。一方、事業譲渡とは、会社の事業を、そのまま買い手に譲り渡す方法のことです。いくつかの事業を手がけている場合に、負債の事業だけに限って売却できるという利点があります。会社売却を行うには、まず売却のやり方を決める必要があります。従業員の境遇や事業計画などの会社の今後についてや、経営者の将来設計などを検討しながら、会社売却のやり方や金銭面など、方向性を決定します。次にM&Aを専門にした会社と契約を結びます。これまでのM&Aの実績や金額、信頼性等を考慮し、会社売却の橋渡しをしてくれる仲介会社と契約します。その次は、買い手企業を探して、さまざまな条件を交渉していきます。会社売却の条件を踏まえて、仲介会社が相応しい買い手企業を見つけてきます。その後は、取引条件について交渉を行っていきます。交渉が終わると、基本合意書を取り結び、その後は弁護士や公認会計士による資産査定が始まります。これは事業規模や財務状況など総合的に判断して、結論を出してます。査定が済んだら、会社売却に関する最終契約書を結び、譲渡が行われます。

Copyright © 2017 独立をするなら低コストでできるフランチャイズがベスト All Rights Reserved.