コンテンツ一覧

トイレのトラブル

作業者

経年劣化の修理は業者へ

家庭でよくある水漏れのうちキッチンと並んでトイレの水漏れも多く発生しています。トイレは一度に大量の水を使うため水漏れが発生すると周りに水が溢れてしまい、住宅設備を痛めたり、衛生面でも問題となります。さらにトイレが使えないことは生活上でも不便になってしまいます。トイレはいくつもの配管やホースが組み合わされて作られているので、水の通り道がたくさんあるので経年劣化が進むとどうしても水漏れが発生しやすくなってしまいます。トイレの水漏れを見つけたら止水栓を回して水を止めたら原因を探してみましょう。よくある水漏れの原因ではタンク内のパーツがずれていることがあります。水を止めておくゴムの部品の位置がずれているため水が止められなく、ちょろちょろとずっと水が出続けることがあります。その場合はゴムのパーツを正しい位置に戻してあげるだけで水が止まることが多いです。水を節約するためにタンク内に物を置いている場合よく発生します。その他のトイレの水漏れでよくある原因は給水管のつなぎ目から水が漏れていたり、便器と床の間から漏れていたりといったことがありますが、これらは経年劣化が原因のことが多いため業者に修理をお願いすることになります。トイレの水漏れは止水栓で水を止めていたとしても、生活がしづらくなってしまうため早めの対処が必要です。信頼できる水道修理のプロを見つけておき、早めに修理をしてもらうようにしてください。