作業員

信頼の業者を見つけておく

水漏れを放置しておくと、より大きな問題となるため、早急に対処する必要があります。修理のほとんどは自分では無理で業者に頼むことになりますが、通常時と夜間緊急時の両方で信頼できる業者をあらかじめ見つけておいてください。

配管

もしもの用意をしよう

水漏れのトラブルのひとつに配管の詰まりがあります。キッチンでの生ゴミや、洗面台での髪の毛はその量に応じて配管の内部を詰まらせ、異臭を発することがあります。日頃からメンテナンスを行い、万が一のトラブルのために連絡する業者を見つけておきましょう。

水

修理内容によって異なる

経年劣化による水漏れは避けられないものです。ある日突然の水漏れの場合には、専門業者に依頼することになります。すぐに駆けつけてくれるサービスを行っている業者が多く、満足度の高いサービスを提供している業者もいます。修理料金は業者によってことなります。

コンテンツ一覧

業者

早めの対処が必要

水漏れの際に業者に修理を依頼する場合は料金が正当か、実績があるか、サポート体制やアフターケアがしっかりしているかを確認することが大切です。水漏れは緊急の対応が必要ではありますが、焦らず信頼できる業者を選んでください。

作業者

トイレのトラブル

トイレで水漏れが発生したときはパーツがずれているような簡単なトラブルは自分で解決できますが、経年劣化のことが多く、その場合は業者に修理してもらいます。早く修理ができるように信頼できる水道修理のプロを見つけておきましょう。

すぐに修理が終わります

蛇口

自分より安価になることも

水回りの機器は金属や陶磁器、ゴム、樹脂といった異なった素材を組み合わせて作られているので、異なった素材の接続部分から水漏れがおきやすくなっています。ゴムや樹脂は期間が経過すると徐々に劣化が進み、その部分から水漏れが起きることがありますが、素人が作業をするとずれが起きてしまい水漏れをとめるどころか悪化させてしまうことも多いため、水漏れがおきたときには専門業者を利用することをお勧めします。水回りの修理に使う工具はメーカーが指定した専用工具を使わなければいけないことが多く、専用工具を使わずに無理矢理作業をすると傷がついてしまいます。専用工具を自分で揃えたとしても次に自分で利用するかどうかわからず無駄になってしまいます。結果的に修理料金は自分で行うよりも業者に任せた方が安くあげることができるのです。また水道業者に依頼する目的として、水漏れの原因をいち早く見つけてくれて、短時間で修理を終えてくれることもあげられます。電話で業者に連絡をして、メーカーと機種名、それにトラブル内容を伝えるだけでこれまでの経験やデータから水漏れの原因をすぐに見つけ出し、出張修理で訪問した時には必要なパーツを準備してきてくれて、その日のうちに修理を終えてくれます。自分で修理しようと適当な原因を仮定して、直らなければ次の対策としていたのでは、いつまでたっても水漏れを止められないどころか水道を自由に使えなくなってしまいます。